iPhone機能の進化

初代iPhoneから10年、最新のiPhoneXは、機能面で10倍以上は軽く進化していると言えます。iPhoneは現在iOSと呼ばれているOSによって動いており、iOSはiPhoneの心臓部分ともいえます。iPhone1は、デスクトップパソコンと同じようなUNIXをベースとしたOSXを基本としていましたが、初代iOSからその機能面がバージョンアップされるときに徐々にその機能をアップさせました。

iOS2と時を同じくして個人がアプリをダウンロードして収益を得るAppleStoreが立ち上がり、現在でもその収益は大きなものになっています。iOS5になると、Siriが登場し、対話型コミュニケーションを取ることができるようになりました。その後は、ApplePayが使えるようになったり、使い勝手の良いAppleMusicなどが登場します。

ユーザーの使い勝手を考慮した3DTouchでは、バーチャルリアリティーの世界が楽しめます。史上最大のアップデートと言われたiOS10では、メッセージアプリに手書きが使えるようになったりと現在でもその機能を改善させています。iOSの進化はあわせて機能面は高く進化しています。