iPhoneカメラの進化と変化

初代iPhoneからカメラは当たり前に搭載されていた機能の一つです。たった200万画素であり映像化には耐えられるレベルではありませんでしたが、スマートフォンで当たり前のように写真を撮ることができるだけでも画期的なことでした。それから10年iPhoneに搭載されているカメラは、毎年のように新機種がリリースされていますが、そのリリースごとに進化しています。現在では優に2000万画素を超えているため、iPhone一つでデジタルカメラ並みの画像、そして機能が可能になっています。

最新型のiPhoneで特徴的なのは、仮想現実、すなわちバーチャルリアリティーの世界や三次元を可能にしていることです。背面に2つ並んだデュアルカメラが物を立体的にとらえて三次元の世界を生み出すのに役立っています。また、最新の機種ではフロントカメラによる顔認証まで可能にしています。ユーザーの顔を三次元的にとらえ、それをセキュリティーキーとして利用できるFaceIDは、何よりも安全なセキュリティというだけでなく、顔認識機能を用いた動く絵文字である「アニ文字」という機能も生み出しています。画期的なデュアルカメラがユーザーに愛されています。